体を冷やすものを食べるときは、こんなひと工夫

体を冷やすとわかっていても、パンやパスタがどうしても食べたいことってありますよ
ね。恋人や友だちとイタリアンレストランに行って、ひとりだけパスタやピザを食べない
というのも味気ないですし。何より食べたいものを我慢すると、ストレスになってしまい
ます。

そんなときは、もちろん食べてOK!
ただし、1日に2つ以上の小麦製品を食べないこと、温かいスープをつけること、エキ
ストラバージンオリーブオイルなどの良質な油と日緒に摂ることを心がけてください。
おうちでパンを食べるときも、質の悪い「トランス脂肪酸」たっぷりのマーガリンをつ
けるのではなく、オリーブオイルをつけて。パスタも、仕上げにオリーブオイルをかけて
食べればOKです。


なぜ、エキストラバージンオリーブオイルがいいのかは、次でお話ししますが、体を冷
やす作用のある食べものも、油と一緒に摂ると冷えないということを覚えておいてくださ
い。つまり、「体を冷やすとされる生野菜に、ドレッシングをかけて食べる」というのは、
非常に理にかなっているというわけですね。
ドレッシングに、体を温める作用のあるニンニクやショウガ、ナッツ類を加えるのもお
すすめですよ。

「良質なオイル」で、つやつやモデモテ美人

体の内側から肌もボディもピカピカになるため、「体を温めるもの」のほかに、必ず摂
っていただきたいのが「良質なオイル」。マーガリンやサラダ油に含まれる「トランス脂
肪酸」が、アレルギーなど不調の原因になることは、すでに第1章でお話ししたとおりで
すが、抜いていいのは質の悪いオイルだけ。エキストラバージンオリーブオイルやしそ油
など、良質なオイルはウきちんとしっかりウ摂っていただきたいのです。

実はダイエットをしている方の多くが、カロリーオフのために油抜きの食事をしてしま
いがち。ところが、ノンオイルの食品ばかりにこだわっていると、肌は次第にツヤをなく
してカサカサに。怖いことに、さらにノンオイルの食生活をつづけていると、生理が止ま
ってしまうことも。

生理や妊娠といった生殖だけでなく、美肌や女性らしさにもかかわる女性ホルモンは、
「コレステロール」からつくられます。コレステロールというと、みなさん目の敵にしが
ちですが、コレステロールは減りすぎたり、アンバランスになってしまうと、特に女性の
場合、弊害が大きいのです。

良質なオイルを摂らないばかりに善玉コレステロールが減って、女性ホルモンが十分に
分泌されないと、先ほども触れたとおり、まず生理が止まります。女性ホルモンは急激に
減ると、たとえ年齢が若くても更年期障害のような症状が。すると、骨がもろくなったり、
老化が早まったりと、取り返しのつかないことにつながっていくのです。
ですから、良質なオイルは美容にも健康にも欠かせないことを、ぜひ覚えてください!

ラミューテ・化粧水・ラミューテ・ラ・ラミューテ・ミューテ化粧品・ラミューテ・基礎化粧品・ラミューテ・効果トップへ効果・ラミューテ・効果的・ラミューテ・効果的です・ラミューテ・効果的に・ラミューテ・保湿効果・ラミューテ・セットトップへセット・ラミューテ・美肌セット・ラミューテ・ラミューテ美肌セット・ラミューテ・美肌トップへ美肌・ラミューテ・美肌セット・ラミューテ・ラミューテ美肌セット・ラミューテ・保湿トップへ保湿・ラミューテ・保湿力・ラミューテ・保湿効果・ラミューテ・ホルモントップへホルモン・ラミューテ・ホルモンバランス・ラミューテ・女性ホルモン・ラミューテ・ミューテトップへラ・ラミューテ・ミューテ・ラミューテ・ラ・ラミューテ・ミューテ化粧品・ラミューテ・連想語トップへ半額・ラミューテ・皮脂・ラミューテ・肌荒れ・ラミューテ・洗顔・ラミューテ・肌・ラミューテ・ダマスクローズ・ラミューテ・乾燥・ラミューテ・改善・ラミューテ・スキンケア・ラミューテ・原因・ラミューテ・お肌・ラミューテ・人気・ラミューテ・生理前・ラミューテ・トライアル・ラミューテ・女性・ラミューテ・炎症・ラミューテ・口コミ・ラミューテ・期待・ラミューテ・コスメ・ラミューテ・顔・ラミューテ・思春期・ラミューテ・シミ・ラミューテ・毛穴・ラミューテ・ケア・ラミューテ・モニター・ラミューテ・美容液・ラミューテ・対策・ラミューテ・皮膚・ラミューテ・ビーグレン・ラミューテ・ノブAC・ラミューテ・バランス・ラミューテ・クリスタルモーション・ラミューテ・成分・ラミューテ・方法・ラミューテ・評価・ラミューテ・ストレス・ラミューテ・利用・ラミューテ・ホワイトニングリフトケアジェル・ラミューテ・クチコミ・ラミューテ・メルライン・ラミューテ・皮膚科・ラミューテ・購入・ラミューテ・状態・ラミューテ・配合・ラミューテ・楽天・ラミューテ・注目・ラミューテ・評判・ラミューテ・吹き出物・ラミューテ・鼻・ラミューテ・参考・ラミューテ・重曹・ラミューテ・乾燥肌・ラミューテ・生活習慣・ラミューテ・色素・ラミューテ・返金・ラミューテ・アプローチ・ラミューテ・分泌・ラミューテ・体験談・ラミューテ・公式サイト・ラミューテ・要因・ラミューテ・噂・ラミューテ・通販・ラミューテ・刺激・ラミューテ・特徴・ラミューテ・キレイ・ラミューテ・オススメ・ラミューテ・病気・ラミューテ・薬・ラミューテ・冬・ラミューテ・体・ラミューテ・理由・ラミューテ・使用・ラミューテ・商品・ラミューテ・手・ラミューテ・話・ラミューテ・仕事・ラミューテ・ブログ
リンク
ヘルスケア goo

寒い地域や寒い季節にとれる食べものには、体を温める作用が、暑い地域や暑い季節に
とれる食べものには、体を冷やす作用があります。
たとえば、日本でとれる温州みかんやイチゴは体を冷やしませんが、バナナやマンゴー、
パパイヤなど、南国でとれるくだものは体を冷やしてしまいます。

大根、ごぼう、にんじん、れんこんなど、冬に旬を迎える根菜類は体を温める作用があ
りますが、夏が旬のトマトやきゅうり、ゴーヤーには体を冷やす作用があります。

また、そば粉を使うそばは体を温めますが、小麦粉が原料のパスタは体を冷やします。
とはいえ、どれを食べると冷えて、どれを食べると温まるか、食品ごとに覚えることは
それほど意味がありません。いちばん大切なのは、旬のもの、しかもできるだけ生まれ育
った土地、暮らし慣れた土地のものを、食べることなのです。

最近、私が「困ったな」と思っているのは、沖縄フード。冷えのある人が「体にいいレ
という理由で、毎日ゴーヤーを食べていたりするんです。しかも、夏だけでなく、ほとん
ど1年中出回っているでしょう?

もちろん、どうしても食べたいなら、我慢する必要はありません。ただし、真冬に沖縄
料理店に行くのはなるべく避ける、食べるときは体を温めるものを一緒に摂るなどの工夫
をしましょう。

スタミナ食で体を燃やそう!

| コメント(0)

具体的に何を食べて、何を控えたらいいのかをお話ししましょう。まず「食べたほうがいいもの」とは、体を温めるもの。ズバリ、それは肉!実は焼肉やジンギスカン、中華の妙めものなど、みなさんが「高力ロリーだからという理由で避けがちなスタミナ食こそ、体を温め、代謝をアップさせるメニューなのです。


特におすすめは、羊や牛、豚の赤身の肉。なぜなら、これらには「カルニチン」という脂肪の燃焼を高める成分が含まれているから。焼肉を食べると、汗ばむくらい体がポカポカするのは、この成分のおかげなのです。逆に肉を控えすぎると、脂肪を燃焼させるカが不足してやせにくい体になったり、血行不良で肌荒れしたり。もちろん肉には脂肪がありますから、できるだけ脂身の少ない赤身を選ぶのがポイントです。
実は肉を食べてたんぱく質(アミノ酸)を補給することは、肌にもとてもいいのです。


私たちの体は、内臓も骨も筋肉も肌も、水分と脂肪以外は、すべてたんぱく質(アミノ
酸)からできていることは、もうご存じですよね?
たんぱく質は体内に入るとアミノ酸レベルに分解され、優先順位の高い組織から順に振
り分けられていきます。もっとも優先順位の高い組織とは、心臓、肝臓、腎臓など、生命
維持に欠かせない臓器。肉や魚を食べない日が続いたからといって、いきなり心臓が止ま
ってしまっては困りますからね。

逆に命とは直接関係ない組織、皮膚や髪や爪にたんぱく質が補給されるのは、いちばん
最後。ですから、きちんとしっかり食べないと、栄養不足から肌荒れしたり、髪がパ
サパサになったり、爪が割れやすくなったりするのは、ごく当然のことなのです。

冷たい美人はありえない

| コメント(0)

ヘソ出しルックやマイクロミニスカート、ナマ足など、露出度の高いファッションの若
い女性を見ると、他人事ながら体が冷えてしまうのではないか、気になるところですが、
20代前半くらいまでなら基礎代謝が高いので、当の本人たちは案外冷えを感じにくいもの
なんですね。

「基礎代謝」とは、呼吸したり、内臓を動かしたり、生命維持のために使う1日のエネル
ギー消費量のこと。ちなみに、25歳を過ぎると基礎代謝は下がる一方で、年齢とともにエ
ネルギーを燃やしにくい体になっていきます。「代謝が低くなる」ということは、つまり、
太りやすくやせにくい体になるということです。

問題は外からの冷えではなく、内側からの冷え.露出度の高いファッションをしていようが、温かい格好をしていようが、また何歳であろうつが、冷たいものばかりロにしている人の内臓は、例外なく冷えています。

冷たい食べものや飲みものを摂ることで胃腸が冷えると、消化、吸収力が下がって、代
謝の悪い体になってしまうことは、すでにお話ししましたね。そればかりか、栄養素を運
搬する血液の流れも滞って、肩こりや肌荒れなど、さまざまな不調の原因になります。

つまり、クールな美人はありでも、"冷たい美人"はありえないということ。ゼリー飲
料や菓子パンで食事を済ませている方や、1年中アイスクリームや氷入り飲みものを飲ん
でいる方は、今すぐ温かい食事に切り換えてくださいね。それだけで、体調や肌状態がよ
くなるはずですよ。

いつも同じものばかり食べてませんか?

健康に対して関心が高いということは、とってもいいこと。ですが、なかにはちょっと
行きすぎてしまって、ヨーグルトに青汁、栄養機能食品など、健康にいいといわれる食品
ばかり選んで食べる人がいます。

でも、これはまともな食事とはいえませんよね。栄養素は基本的に食事から摂り、足り
ない分をサプリメントなどで補うのが鉄則です。

しかも、あまりに「健康にいいもの」を追求して神経質になりすぎると、しまいには食
べられるものが限られて、毎日同じものばかり食べることに。どんなに健康にいいとされ
る食べものでも、同じものばかりくり返し食べていると、栄養が偏ってしまいます。

もちろん健康にあまり気をつかわない人が、毎日同じお弁当やお気に入りのお菓子ばか
り食べていても、健康を損ねてしまうのは明らかですよね。
実は太りやすい人には、「同じものばかりをくり返し食べる」という傾向があります。
よくいわれるように、「いろいろな種類の食品を、バランスよく摂る」ということは、健
康面においても、美容面においても、やはりとても大切なことなのです。
あなたのまわりのキレイな人を観察してみてください。キレイのもとをあれこれバラン
スよく食べていませんか?

MTBlog50c2BetaInner

カテゴリ

2016年5月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31